ジュースクレンズとは

ジュースクレンズとはある一定期間、固形の食物を口にすることなく、食事を100%野菜・果物ジュースだけにすることにより胃や腸といった消化器官を休ませるデトックス法で、元々は断食の発想から派生したものです。

 

その際に口にするジュースはコールドプレス
低温圧搾と言われる特殊なジューサーで作るのが特徴です。

 

従来のジューサーは高速回転で野菜や果物を砕くので、摩擦熱で壊れてしまう栄養素があるのですが、コールドプレスは低速で圧縮するので栄養や酵素が壊されることなく摂取できるというメリットがあります。

 

ジュースクレンズに使用される野菜や果物は無添加のオーガニックの物です。

 

断食とは違い、質の良い栄養素は摂りながら消化器官を休めることができ、体内にたまったカフェインや添加物などの毒素がデトックスされることで、体本来の機能をリセットさせるという目的で行われるものなのです。

 

ジュースクレンズを行った後は味覚が鋭敏になるなど、体の感覚が以前より鋭くなると言った声も聞こえ、ダイエット効果だけではなく健康法として欧米から人気に火がつき、今や日本でもコールドプレスジュースの専門店ができるなど人気となっています。


なぜ1日〜3日が適正なのか

ジュースクレンズの実施期間は1日〜3日が適正です。

 

1日の場合は1か月に一度の頻度で、3日行う場合は半年から1年に一度の頻度が好ましいと言われています。

 

その理由は、ジュースクレンズはあくまでデトックスです。
このサイト(→http://www.getisotretinoinonline.com/)に詳しくかいてるので参考にしてみてください。

 

ダイエット効果はありますが、日々の継続を要するダイエットではなく、体をリセットさせ本来の力を取り戻させるための健康法なのです。

 

そして体をリセットさせるには1日〜3日で十分で、それ以上すると栄養不足で却って体に悪影響を及ぼすこともあるため、デトックスが完了した1日〜3日でやめて元の生活に戻すことが大切です。

 

そしてまた次にジュースクレンズを行うまでには十分な日数を開けることが必要なのです。

 

ジュースクレンズを行っている間はジュースで栄養を摂っているとはいえ、普段の食事から摂るエネルギーには足りないため、集中力が低下したり頭がぼーっとするということもあります。

 

そのため、ジュースクレンズはできるだけ予定のない日にリラックスして行うことが好ましく、激しく動かなければいけない日や仕事のつまっている日などは避けた方が良いです。

 

また、通常時以上の栄養が必要となる授乳中や妊娠中は行ってはいけないと言われています。